前へ
次へ

人材派遣が必要な時代に

企業に務める人が全て正社員と言う時代は終わり、契約社員がいれば派遣社員もいる時代になりました。
正社員とか契約社員などは、働くことになる企業と直接雇用契約を結びことになるものです。
しかし人材派遣と言う職種の人は、派遣会社と派遣先の会社と言う存在が出て来ることになる特徴があります。
派遣社員の身分は派遣会社が責任を持つことになり、派遣会社とまず雇用契約を結ぶ必要が出て来ます。
その後派遣会社に派遣先の会社が人材を求めることで、派遣先の会社に勤務することになるのが、派遣社員と言うことになります。
派遣会社の仕事として、派遣社員の給料や福利厚生などを含め、派遣社員をサポートすることがあります。
これら人材派遣には、一般派遣と言われるものと紹介予定派遣があり、多くは一般派遣となっているのが現状です。
人材派遣の利用が多くなる理由として、働き方が多用化されていることが考えられます。
少子化や高齢化、育児や介護、女性の働く機会が多くなっている現状からも、人材派遣の利用が多くなっている訳です。

Page Top